スポンサーリンク
スポンサーリンク

パパとムスメの7日間/ぱぱむす令和版2022の原作あらすじ!ガッキードラマ、韓国映画の感想も!

パパとムスメの7日間/ぱぱむす令和版2022の原作あらすじ!ガッキードラマ、韓国映画の感想も! ドラマ・テレビ

『パパとムスメの7日間』(ぱぱむす)の令和版が放送決定しました!

主演は飯沼愛(いいぬま あい)さん、パパ役は眞島秀和(ましま ひでかず)さん、恋の相手役になにわ男子の長尾謙杜(ながおけんと)さんが出演します!

TBSドラマストリームの3作目として放送され、7月26日から毎週火曜24:58放送です。

2007年に新垣結衣さん(ガッキー)×舘ひろしさんで放送されてから15年が経ったのですね!

今回は、『パパとムスメの7日間』の原作についてまとめていきます!

また、韓国やネトナムで映画化にもなっていたようなので、その感想も調査しました。

この記事では、

  • パパとムスメの7日間/ぱぱむす令和版2022の原作あらすじ!
  • パパとムスメの7日間/ぱぱむすのガッキードラマの感想
  • パパとムスメの7日間/ぱぱむすの韓国映画の感想
  • パパとムスメの7日間/ぱぱむすのベトナム映画の感想

についてまとめていきます。

スポンサーリンク

パパとムスメの7日間/ぱぱむす令和版2022の原作あらすじ!

原作あらすじ

原作は、五十嵐貴久いがらしたかひささんによる同名小説「パパとムスメの7日間」です。

楽天ブックス
¥754 (2022/06/18 05:21時点 | 楽天市場調べ)

イマドキ女子高生と冴えないサラリーマンパパが、ある事故が原因で人格が入れ替わってしまう。ムスメになったパパは先輩とのデートに苦戦、パパになったムスメは会社で余計な発言をし大騒ぎを起こす。そして、パパとムスメを狙う怪しい女の存在も・・・。

脚本家はガッキーのときと同じ?

脚本は、新垣結衣さんの2007年版で脚本を手がけた、荒井修子(あらいしゅうこ)さんが今回も担当です!

スポンサーリンク

パパとムスメの7日間/ぱぱむすのガッキードラマの感想(2007)

『パパとムスメの7日間』ドラマの、2007年版というのでしょうか(初代?)、新垣結衣さんと舘ひろしさん共演のときの感想を調査しました!

当時面白くて大好きだった、ガッキーがかわいい、という声はもちろん、

これは舘ひろしさんの可愛い姿がみれるドラマ!みてない人はみた方がいい!という声が多くあがっていましたよ♪

また、リメイクやるなら再放送してください!と再放送に期待する声も多くみられました。たしかに再放送希望します!そしてリメイク版を見ます!

\可愛い舘ひろしさんが見れる〜/

ハピネット・オンライン
¥14,251 (2022/06/18 06:26時点 | 楽天市場調べ)
スポンサーリンク

パパとムスメの7日間/ぱぱむすの韓国映画の感想

私はガッキーのドラマは知っていたのですが、韓国やベトナムでも映画化されていたようですので、その感想も調査しました!

韓国映画では、ムスメ役をチョン・ソミンさん、パパ役をユン・ジェムンさんが演じています。

他にも、最後は泣ける、コメディ感が日本(新垣結衣さん版)より強い気がするといった声があがっていましたよ!

スポンサーリンク

パパとムスメの7日間/ぱぱむすのベトナム映画の感想

続いて、ベトナム映画の感想も調査!

ベトナム映画では、ムスメ役をケイティ・グエンさん、パパ役をタイ・ホアさんが演じ間ています。

ベトナム版も好評のようですね!

他には、笑える、リメイクとしてはアリ、という声が上がっていました。

楽天ブックス
¥3,498 (2022/06/18 07:06時点 | 楽天市場調べ)
スポンサーリンク

まとめ

『パパとムスメの7日間』(ぱぱむす)の令和版ドラマの原作は、五十嵐貴久さんによる同名小説です。

また、脚本は新垣結衣さんのドラマ(2007年版)の時と同じ荒井修子さんが手掛けます。

新垣結衣さんのドラマ、韓国・ベトナムでの映画版も好評な声が多かったです。

こんなに人気なぱぱむすの令和リメイク版、期待しちゃいますね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました