低所得者給付金3万円/令和5年いつ?対象者の所得制限、ネットの声も調査(2023年)

低所得者給付金3万円令和5年いつ?対象者の所得制限

令和5年に、低所得者世帯に対して3万円が給付されることが発表されました。また、1人親世帯など低所得の子育て世帯については、子ども1人当たり5万円の給付金が上乗せされるとのことです。

ここで気になるのは、この令和5年の低所得者世帯に対する3万円給付がいつなのか、対象者の所得制限ですよね。

また、ネットでネットの反応についても見ていきたいと思います。

目次

低所得者給付金3万円/令和5年いつ?(2023年)

2023年3月23日現在、3万円給付がいつなのかは分かっていません。

ここで参考に、2022年の一律5万円給付のスケジュールがどうだったのか見ていきたいと思います。

<参考:2022年の5万円給付スケジュール>

2022年春頃給付についての報道発表
2022年9月給付決定
2022年11月頃給付の通知発送
(自治体によって時期は多少異なりました)
2022年12月頃5万円振り込み

ということで、報道があってから実際に振り込まれるまで、けっこうな時間を要していましたね。

今回の令和5年の低所得者世帯に対する3万円給付についても、春に報道が出ていますので、同じようなスケジュールで進んでいく可能性が考えられます。

低所得者給付金3万円/令和5年の対象者の所得制限

続いて、3万円給付の対象者についてみていきます。こちらも正式にはまだ発表されていませんが、2022年の5万円給付のときには、低所得世帯とは「住民税非課税世帯」が対象とされていました。

「住民税非課税世帯」に該当するのかの条件は自治体によって異なりますので、正確には自身が住んでいる役所で確認することができます。

目安として、ネットの情報(東京都港区)ではこのようになっていました。
※もっと詳細に記載されていますので、詳しくは引用元を参照してください。

●非課税の制度は次の人が該当します。
(1)その年の1月1日現在で、生活保護法による生活扶助を受けている人。
(2)障害者、未成年者、ひとり親、寡婦(夫)の人で、前年の合計所得が135万円以下(給与収入なら204万4千円未満)、(令和2年度までは125万円以下)の人。
(3)前年の合計所得が一定の所得以下の人。

引用元:港区ホームページ

低所得者給付金3万円/令和5年のネットの声

最後に、3万円給付に対するネットの声を調査しました。

まとめ

給付金3万円は2023年12月ごろに振り込みになる可能性が考えられます。

対象の低所得世帯は「住民税非課税世帯」になることが考えられ、自治体によって対象者の基準が異なりますので、該当するかどうかは役所などへ行って確認する必要があります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次