スポンサーリンク
スポンサーリンク

埼玉県行田市のうどん屋さん「由す美(ヨシスミ)」に行ってきた!

グルメ

埼玉県行田市のうどん屋さん「由す美(ヨシスミ)」に、夫と子どもと私の3人で行ってきました。

行田市のさきたま古墳公園に行ったときに、近くのランチを探してこのお店を見つけました。

こちらのお店は、カレーうどんにとんかつと、お餅とご飯が入った「かつカレーうどん丼」が名物のようです。

今回は、「由す美」で食べたメニューの感想と、混雑状況、お店の様子について、書こうと思います。

スポンサーリンク

食べたメニューの感想

お店の名物は「かつカレーうどん丼」ですが、私はカロリーを気にして「かつカレーうどん」 (お餅とご飯が入っていないもの)を注文しました。夫は、暑いから冷たいうどんが良いということで「肉せいろ」を注文しました。

結局二人とも名物を注文していなくて、私は少し後悔です…。でもこれから書きますが、「かつカレーうどん」もとても美味しかったです!

注文してまず、きゅうりの漬物が運ばれてきました。ポリポリの食感と上品な味で、うどんの期待が高まりました。

「かつカレーうどん」も「肉せいろ」も、麺のコシは弱めでモチモチしていました。

「かつカレーうどん」のカレーつゆは、出汁がよくきいていて、辛さはほとんどなくて食べやすいです。具材は、豚肉と長ネギが入っていました。

そしてびっくりしたのが、とんかつのサクサク感です。細かいパン粉の衣で、ザクザクというより繊細なサクサクといった感じでした。それに加えてお肉自体も脂肪が少なめなので、とんかつなのにかる~く食べられました。

衣にカレーつゆが染み込むのも美味しいですが、サクサク感が絶妙なので、もし、とんかつを別のお皿にしてもらうことができるのであれば、今度はそうしたいです。

夫の「肉せいろ」は、醤油ベースのつけ汁で、具材は豚肉と長ネギが入っていました。出汁のとても良い香りがして、味は濃い目で甘さがありました。私はカレーうどんで汗だくになっていましたが、こちらは冷たいうどんなので、夏でもさっぱり食べられました。

スポンサーリンク

混雑状況

平日のお昼11:00頃に行って、そのときは私たち以外にお客さん1人のみでした。

お店を出たのは12:00を過ぎた頃で、あと1、2人入れるのかなというくらいまで埋まっていました(今は感染対策のため全部の席は使用されていませんでいた)。

駐車場は10台くらい止められるスペースがあり、私たちがお店を出たときにもまだ3台分くらい空きがありました。

料理を注文してから運ばれてくるまでにけっこう時間がかかったので、回転は遅いように思います。土日は並ぶのを覚悟で行った方がよいかもしれません。

スポンサーリンク

お店の様子

店内は、長いテーブル1つと、座敷にテーブルが3つあり、落ち着いた雰囲気の内装でした。

ご夫婦でお店をやられているようで、料理を運んできてくれるおかみさんが、とても温かみのある方でした。私たちが9カ月の子どもを連れていたので、うどんを運んできてくれたときに、安全なように少し離れたところに置いてくれました。

帰りには、「ケータイちゃんと持った?」「暑いから水分とって気をつけてね」などと声をかけてくれました。

常連さんが多いようで、お客さんとおかみさんの会話を聞いているだけでも心が温かくなりました。

ご主人が一人で料理を作られているのか、注文してから運ばれてくるまでは少し時間がかかり、混雑していない私たちのときでも20分くらいかかりました。それでも、運ばれてくる料理をみると、とても丁寧に作ってくださっているのだなということが伝わってきます。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、埼玉県行田市のうどん屋さん「由す美」で食べたメニューの感想と、混雑状況、お店の様子について書きました。

今度は名物の「かつカレーうどん丼」を食べたいと思います。また、常連さんらしきお客さんが何人か、「肉味噌うどん」を注文していたので、そちらも気になりました。

美味しいうどんと、おかみさんの優しさを求めて、ぜひ行ってみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました