スポンサーリンク

道枝駿佑の韓国の呼び名ミチゲッタシュンスケはなぜ?人気の理由や反応も調査!

道枝駿佑の韓国の呼び名ミチゲッタシュンスケはなぜ?人気の理由や反応も調査! ジャニーズ

なにわ男子の道枝駿佑さんは、なんと海外韓国での人気も爆発していることが判明しました!

確かに、若かりし頃の東方神起のチャンミンさんに雰囲気も似ていると感じるのですが、韓国では「ミチゲッタシュンスケ」と呼ばれているとのことなんです。

そこで今回は、道枝駿佑さんの韓国の呼び名が『ミチゲッタシュンスケ』というのはなぜなのかと、人気の理由や反応も調査していきます!

スポンサーリンク
\医療脱毛が安い!/
↓↓

道枝駿佑の韓国の呼び名ミチゲッタシュンスケはなぜ?(なにわ男子)

道枝駿佑さんの韓国の呼び名が「ミチゲッタシュンスケ」なのは、狂ってしまいそうなほど美男子というニュアンスです。

韓国語のミチゲッタ(미치겠다)の原型は「ミチダ(미치다)」の狂う・発狂するという意味です。

韓国ドラマの台詞でもよく使われていて、結構耳にするフレーズです。

道枝駿佑さんの「道」を使って「ミチゲッタ(미치겠다・狂っている)」とアレンジして「ミチゲッタシュンスケ」というあだ名となっているそうです。

「ミチゲッタ」と「ミチエダ」、発音の響きも似ていますよね。

道枝駿佑さんの狂ってしまいそうなほど美しい王子様級のかわいさとカッコよさで、韓国女子をも魅了しています。

ところで、道枝駿佑さんの韓国での人気の理由は何がきっかけなのでしょうか?

スポンサーリンク

道枝駿佑の韓国人気の理由は?

道枝駿佑さんの韓国人気の理由は、映画『セカコイ』の大ヒットです。

『セカコイ』こと『今夜、世界からこの恋が消えても』という道枝駿佑さん主演の映画から、韓国人気に火が付きました。

ミチゲッタさんは「セカコイ」の舞台挨拶で韓国に行き、映画「セカコイ」が異例の大ヒットとなっていることも、ご紹介していきます。

映画の舞台挨拶

ミチゲッタシュンスケこと、道枝駿佑さんの映画が韓国で大ヒットし、映画の舞台挨拶で渡韓した際、空港には多くのお迎えfanがいました!

また、舞台挨拶は2日間で13回も行われ、13回という数でもチケットは即完売してしまったそうです。

韓国語で挨拶をした道枝駿佑さん、韓国のfanはとても嬉しかったと思います。

異例の大ヒット

ミチエダさんの主演映画『今夜、世界からこの恋が消えても』は、日本でも2022年7月に公開され興行収入15億円の大ヒットとなっています。

韓国では11月からの公開となったのですが、なんと韓国で一番人気の映画となりロングラン上映され、様々な記録を打ち立てる異例の大ヒットとなりました。

道枝駿佑さんのカッコよさと、韓流映画やドラマにありそうなストーリーの恋愛映画なので、ハマったことが考えられます。

そして、韓国女子のみならず、アイドルからも口コミで『セカコイ』の良さが広まっていったそうです。

スポンサーリンク

道枝駿佑の韓国での反応

道枝駿佑さんへの韓国の反応が、とても面白いです!

「ミチゲッタシュンスケ」以外にも、「千年ドル」、「天使」などと呼ばれ、韓国ではヴィジュアルを絶賛されています。

道枝駿佑さんについた「千年ドル」というネーミングは、千年に一度のアイドルという意味とされており、こちらも最高峰のフレーズです。

実は、道枝駿佑さんは中国でも人気があるそうなんです!

世界を魅了する美男子ということで、なにわ男子から道枝駿佑さんという世界的人気のアイドルが誕生していることがわかりました。

スポンサーリンク

まとめ

なにわ男子の道枝駿佑さんが「ミチゲッタシュンスケ」と呼ばれていることについて、調査しました。

狂ってしまいそうなほどの美男子という理由で、韓国語の「ミチゲッタ」と「ミチエダ」をアレンジした形で「ミチゲッタシュンスケ」と呼ばれていることがわかりました。

道枝駿佑さんの韓国ブームのきっかけは、主演映画の『セカコイ』こと『今夜、世界からこの恋が消えても』が韓国上映されてからのことだということがわかりました。

韓国の道枝駿佑さんのfanのネーミングセンスと、メディアの用意した素敵なキャッチコピーも面白いですよね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました